PC Life 独り言


自作マシンを組み立てたり、それによるトラブル解決など。さほど大それたことはやっていません…

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
MANAGEMENT
PROFILE
PC関連SHOP





ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
みんなのブログポータル JUGEM
SPONSORED LINKS
<< やはりATOK2010はダメ・・・Windows10 | main | Stick PC にも Windows10 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
Windows10 タブレットモード
今回は、Windows7 だったデスクトップのメインマシン(自作)、ノートパソコンの Lavie Z と
Windows8 だった8インチタブレットの Miix2 の3台を Windows10 にアップグレードした。
元の OS の関係というより、タブレットという点で違いがありそうなので書いておこう。



インストール直後はタブレットモードがオンになっていて、上のような画面になる。



左側のメニューボタンと電源ボタンの間のアイコンをクリックすると「すべてのアプリ」が表示される。



このモードでは、基本的にタッチパネルで操作する(もちろんマウスも可)ので、
Windows8.1 の時と同じように画面の右側からスワイプすると、いわゆる「通知領域」が表示される。
その中の「タブレットモード」をタッチすると普通のデスクトップ状態になる。



または、スタートメニューの「設定」→「システム」から「タブレットモード」を選んでもできる。





画面上部の「×」マークの行があるかないか、はっきりと区別されている。

ちなみに、現在はデスクトップ上に Windows8 時代のアイコンがいくつか配置されているが、
最初は全く何もない状態だった。ただ、何をどうやって変えたのかよく覚えていない。



 
| Windows | comments(0) | trackbacks(0) | iwainori |
スポンサーサイト
| - | - | - | スポンサードリンク |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nori-pc.jugem.jp/trackback/225
トラックバック
Design by My style* Material by シシュ